マナー違反をしなくて済むレンタルドレス

披露宴や結婚式に着ていくワンピースやドレスですが、何を選べばいいか迷う人は少なくありません。新しく購入するとしても値段が張りますし、何度も同じものを着ていくのは友人の目があり気が引けるものです。いろいろなシーンに合うことを考えると、最終的に選ぶのはグレーや黒などの無難な色合いや定番のデザインになってしまいがちです。

そのような場合にオススメなのが、レンタルドレスのサービスです。招待されたパーティーに着用する衣装には、ドレスコードと言う服装の決まりがあるのが一般的となっています。そういったコードについても、レンタルドレスのサービスを利用して、プロのスタイリストがその人に似合う小物や衣装を総合的にコーディネートしてくれたり、アドバイスしてくれたりするところを選ぶと安心です。

一般的なマナーでは、結婚式ではファッションアイテムとして人気がある毛皮やファー、アニマル柄は避けた方がいいとされています。黒色や派手な大柄のドレスも着て良いのかが、気になるところです。式の当日に白色の服を着るのは、新婦だけの特権になります。白色に近い淡いグレーやベージュ、薄いレモンイエローなどの色合いの服は、光の当たり方によって真っ白なドレスを着ているような写真が撮影されてしまうことがあるので、注意が必要です。