貸切バスで沖縄旅行

日本国内において、特に独特な文化の形成が行われている場所が、沖縄県です。沖縄県は群島によって形成されている県であり、本島以外にもいくつもの島が連なっています。
本島以外にも旅行の足を伸ばしたい場合には、船や飛行機を使った移動を行う必要がありますが、本島内だけの移動なのであれば、自動車でも十分行うことができる距離となっているのが特徴です。そのため、沖縄本島の旅行なのであれば、貸切バスでの移動が非常に適しています。
ここでは、本島を貸切バスで旅行する時に見に行きたい場所を幾つか紹介します。

沖縄本島貸切バス旅行の行き先として最初に紹介するのは「グスク」です。これは沖縄の言葉で「城」を意味している言葉であり、現在では完全に現存しているものはないものの、その城跡が数多く残されています。

沖縄本島にあるグスクとしては、今帰仁城跡や、座喜味城跡、勝連城跡などが有名な場所となっています。沖縄本土全体に散らばるようにして存在しているのが特徴であるため、一箇所ですべてを見ることができるわけではありません。
そのため、一つ一つを経由地として設定することができる貸切バスの場合に、特に行きやすい場所となるでしょう。

沖縄本島貸切バス旅行の行き先として、次に紹介するのは守礼門についてです。この守礼門は沖縄を象徴する存在の一つであり、琉球文化という稀有な文化について理解する上で大きな役割を担う場所と言えるでしょう。

琉球文化は日本の文化と古代中国の文化が混ざり合うようにして作られているのが特徴となっており、日本的な様式と、中国的な様式がそれぞれ取り入れられています。守礼門や首里城はその代表的な場所であり、文化の理解という意味では、何よりも大きな意味を持っています。

沖縄本島貸切バス旅行の行き先として、次に紹介するのは美ら海水族館についてです。こちらの水族館は日本で最大サイズの大水槽があることで知られているもので、沖縄ならではの水棲動物などを見学して楽しむことができるようになっています。

実はこの美ら海水族館は本土の中では北部に存在しており、主にホテルや移動手段が集まっている那覇市周辺からだと、少々訪ねにくい距離があります。沖縄はゆいレール以外には鉄道が走っていないため、小回りの利く貸切バスであれば、こういった場所に訪ねるのにも問題がなく、利用しやすくなるでしょう。
このように、沖縄県内には魅力的なスポットがたくさん存在しています。キレイモキャンペーン