北海道の貸切バス旅行

国内の旅行であれば、利用することができる移動手段としては様々な種類があります。ここではその一つとして、貸切バスを利用した移動について紹介をします。
この貸切バスは特にグループ旅行の際にメリットが大きいものとなっており、車内がプライベートな空間になっているため、自由に話をしながら移動をすることができるようになっているほか、車内にサロン機能があるものも多く、飮食をしながら目的地まで移動することができるようになっています。
ここでは国内旅行先として人気が高い北海道を例に取り、どのような貸切バス旅行を考えることができるのかについて紹介をします。

北海道での貸切バス旅行について考える場合、まずは大雑把なエリアについて考える必要があります。
北海道と一口に言ってもとても広く、一回の旅行で函館と釧路の両方を目的地とするのは、膨大な時間がかかってしまいます。道央、道南、道東など、それぞれのエリアによって魅力的な場所に違いがあります。
そこで、ここではそれぞれのエリアごとに、貸切バスでの旅行に適している場所にはどのような場所があるのかについて紹介をします。

最初に紹介をするのは、道央での貸切バス旅行のスポットについてです。
道央は札幌を中心にしたエリアとなっており、やはり旅行先として最初に考えられるのがこの札幌ということになるでしょう。札幌は独特なグルメなどが人気の場所であると同時に、観光スポットなども多く存在しています。
大通り公園を中心とする中心エリアの他にも、羊ヶ丘展望台のような郊外エリアの観光地もあります。

次に紹介するのは、道南での貸切バス旅行のスポットについてです。
道南は函館側のエリアと、襟裳帯広側のエリアとがあり、この二つは道央を通過しなければ陸路で移動することができないため、さらにこのどちらを選択するのかを考える必要があるでしょう。
函館は夜景のきれいな函館山や、イカなどを中心とする魚介料理が楽しめるエリアとして人気があります。帯広エリア側は牧畜が有名です。

最後に紹介するのは、道東での貸切バス旅行のスポットについてです。
こちらのエリアについては、知床などの雄大な自然を楽しむことができるエリアとなっています。冬になると流氷なども楽しめるようになっており、天気が良ければ北方領土を肉眼で確認できる場合もあります。
このように、北海道には貸切バス旅行で楽しむことができる場所が多くあるため、何度かに分けて見て回るのが良いと言えるでしょう。キレイモキャンペーン