エリアごとに見る北海道の貸切バス旅行プラン

貸切バスでの旅行に適している場所は数多くありますが、中でも特に便利となるのが、北海道へ旅行をする場合です。なぜなら北海道は札幌周辺以外はあまり交通網が発達しておらず、移動しづらい部分も多いためです。
ただでさえ面積が広く移動が大変であるため、自由に移動することができる貸切バスは、利便性が高いものとなるでしょう。

それでは、実際に北海道で貸切バスを利用した旅行をするとして、どのようなパターンを考えることができるのでしょうか。
ここでは、北海道での魅力的な貸切バス旅行プランとして「札幌周辺の旅行」「道東中心の旅行」「旭川中心の旅行」の三つについて紹介をします。

まず最初に貸切バスの北海道旅行として紹介するのは、札幌周辺の旅行についてです。
多くの場合、北海道に来る方はまず新千歳空港に到着することになるため、この地域は札幌までも距離が近く、利用がしやすいエリアとなります。貸切バスについては新千歳空港発着にすることもできますし、一度札幌駅まで電車で移動した上で利用することも可能です。駅までの移動については電車の方が高速であるため、そちらの方が時間を短縮することができます。

そして札幌は市内だけでも訪ねるのに良い場所が多く存在しています。大通公園を中心とした札幌中心エリアのほか、羊ヶ丘展望台などの郊外エリア、また市外でも近い場所として小樽や余市があり、これらの場所も人気のある観光スポットとなっています。

次に貸切バスの北海道旅行として紹介するのは、道東中心の旅行についてです。
道東は北海道内でも特に移動手段が限られている場所であるため、まずは道内便の飛行機等を使用して札幌から道東釧路空港などに移動し、そこから貸切バスで移動すると良いでしょう。
網走は冬のシーズンであれば流氷観光ができるようになっており、夏なら涼しげな雰囲気を楽しむことができる雄大な自然遺産の知床などがおすすめです。

最後に紹介する北海道の貸切バスの旅行は、旭川中心の旅行についてです。
旭川はラーメンで有名な場所であり、全国からラーメンファンが集まる場所でもあります。ラーメン店だけでも数が多いため、それらを回るために小回りの利くバスは便利です。

また、少し足を伸ばすと有名なドラマの舞台となった、麓郷の森がある富良野なども移動先として選ぶことができるようになっています。このように、北海道は貸切バスでの旅行に適している場所が数多くあります。それぞれの地域ごとのプランを考えてみると良いでしょう。キレイモキャンペーン